映画『カセットテープ・ダイアリーズ』

買取情報

以前カセットテープの記事を書きました。

カセットテープ人気ふたたび
このブログで昨年、SONYのウォークマンの事をご紹介しました。 ハードウェアの人気復活に伴い、ソフトである音楽カセットテープの人気も徐々に広がっています。 新作をカセットで発表するアーチストも出てきたり、中目黒にカセットテー...

ちょうどいいタイミングで4月に『カセットテープ・ダイアリーズ』という映画が公開予定されています。

映画『カセットテープ・ダイアリーズ』公式サイト/4月17日(金)公開
サンダンス映画祭をはじめ多くの観客と評論家から大絶賛された、ブルース・スプリングスティーンのヒット曲にのせて贈る青春音楽ドラマ!1980年代後半のイギリスを舞台に、パキスタン移民の少年がスプリングスティーンの音楽に影響を受けながら成長していく爽快で感動の物語。4月17日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ 他にて全国...

こちらは1987年の英国で暮らす16歳の少年がブルース・スプリングスティーンの歌に出会って変わっていく青春時代を描いたものです。原作はパキスタン生まれ、英国在住のジャーナリストSarfraz Manzoorの”Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’Roll”という自伝的小説です。ブルース・スプリングスティーンというとアメリカというイメージが非常に強いですが、舞台は英国、主人公はパキスタンというのは、多種多様性という事を示唆しているのかもしれません。

ブルース・スプリングスティーンの大ヒット曲である「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」は曲調が力強くあたかもアメリカ礼賛の歌のようですが、内容はベトナム戦争の悲運を歌ったものなのです。このあたりのねじれ感が共通するかもしれません。

映画の内容はまだ詳しくわかっていませんが、原作のタイトルから想像するに人種、宗教の問題をはらんでいるような気がします。

BLINDED BY THE LIGHT – Official Trailer – Now Playing In Theaters

映画に先駆けてサウンドトラック盤は2019年8月に発売されています。

ブルース・スプリングスティーンはもちろん80年代にヒットしたa-ha、Pet Shop Boysなどが収録されています。画像ではこの頃の若者のファッションも含めて楽しめるのではないでしょうか。


電脳遊幻組は、80年代のカセットやレコード、音楽、映画などのソフトなども買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム