【イベント情報】金の星社 創業100周年記念 金の船・金の星 子どもの本の100年展

書籍
金の星社 創業100周年記念 みる よむ あそぶ 金の船・金の星 子どもの本の100年展

児童書の出版社金の船社は大正8年(1919年)に創立され、数年後に金の星と社名を変えましたが、ちょうど今年で100周年を迎えます。それを記念して上野の森美術館で『金の星社 創業100周年記念 みる よむ あそぶ 金の船・金の星 子どもの本の100年展』が開催されます。

金の星社創業100周年記念 みる よむ あそぶ 金の船☆金の星 子どもの本の100年展【金の星社】

大正7年(1918年)に創刊された児童向け雑誌『赤い鳥』は、物語のほかに童謡詩というジャンルを作り、そこから歌われる童謡が生まれていくわけですが、その1年後、金の船社が設立され島崎藤村・有島生馬監修で児童雑誌『金の船』が創刊されました。

『金の船』は童謡をたくさん掲載しているのが特徴です。初代編集長は野口雨情でしたので、彼の作品が多く残っています。

今でも歌われ、広い世代に知られる曲がたくさん生まれました。

1920年(大正9年)「十五夜お月さん」「七つの子」、1921(大正10年)「青い眼の人形」、1924年(大正13年)「証城寺の狸囃子」などが野口雨情の作詞です。

そのほかの作詞は西條八十、作曲家は本居長世や中山晋平などが作品を書いていました。

ちょうどこの頃の作品を集めた作品集が発売される予定です。

童謡100年 金の船・金の星 〜雨情・晋平・長世の世界〜 | 商品情報 | 日本コロムビアオフィシャルサイト
童謡100年 金の船・金の星 〜雨情・晋平・長世の世界〜の詳細ページです。CD・DVD・動画の視聴・購入ができます。

金の星社は絵本や児童書がメインの出版物ですが、絵本「かわいそうなぞう」は毎年終戦記念日にラジオで秋山ちえ子さんが朗読されて有名になりました。

かわいそうなぞう (金の星社の絵本) :つちやゆきお/たけべもといちろう
かわいそうなぞう 金の星社の絵本 つちやゆきお/たけべもといちろう 戦争中、上野動物園で三頭のゾウが殺されました。これは本当にあった悲しいお話です。毎年終戦記念日に評論家の秋山ちえ子氏が平和への願いをこめてラジオで朗読し、テレビでも紹介された名作

児童書は子供が大きくなるともう読まれなくなってしまいますが、また読み返してみると新たな発見があるかもしれません。


電脳遊幻組は、児童書や子供向け雑誌、おもちゃ、レコードなども買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム