東京都狛江市で野球雑誌を買取させていただきました

書籍
ベースボールアルバム 恒文社 No.1 山本浩二 昭和54年11月1日 創刊号

1979年(昭和54年)のプロ野球セ・リーグの優勝チームは広島でした。
この年の広島の3人の選手を特集した雑誌です。

ベースボールアルバム 恒文社 No.1 山本浩二 昭和54年11月 創刊号

広島は古葉監督のもと1975年に初優勝を飾りました。
その初優勝から活躍していたのが、山本浩二です。チーム内では打率トップ。この年のリーグMVP、首位打者となっています。リーグ優勝は成し遂げましたが、日本一にはなれませんでした。

そして1979年、再度のリーグ優勝、そして日本一となります。

ベースボールアルバムNo.3 高橋慶彦 昭和55年1月

この年の広島は打撃成績で言えば5位というさえない成績ですが、高橋慶彦は33試合連続安打という記録をうちたてています。打率は4割4分4厘。この活躍のあと広島はリーグ成績を上げていき、優勝となります。

衣笠祥雄はこの年、巨人戦で西本から受けた死球で骨折する重傷を負ったにもかかわらず、翌日の試合にも出場して連続試合出場記録を続けたという出来事も、今年4月に亡くなった際のニュースで取り上げられていました。

ベースボールアルバムNo.5 江夏豊 昭和55年3月

阪神から南海そして広島へ移籍してきた江夏豊は、この年にリリーフ投手としての完全復活をとげました。近鉄との日本シリーズ最終戦9回の裏、ピッチャーは江夏。無死満塁という大ピンチに三振~スクイズを見破った配球~三振という劇的な結末で日本一となりました。

この年はMVP江夏豊、最多打点山本浩二、最多盗塁高橋慶彦という成績を残しました。

週刊ベースボール 昭和55年11月

そして翌年1980年の広島は快進撃をとげリーグ優勝、日本一と輝きます。表紙には衣笠の顔も見えます。MVP・最多本塁打・最多打点三冠の山本浩二、最多盗塁高橋慶彦という栄冠を得ました。

週刊ベースボール 昭和55年11月

この時代、広島の活躍とはうらはらに巨人の方は長嶋監督時代、王引退というの流れのなかの2冊のベースボールマガジンがこちらです。


電脳遊幻組は、いろいろな古い雑誌も買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム