【買取情報】アレサ・フランクリンのレコード(東京都武蔵野市より)

買取情報

今回レコードの買取の中にアレサ・フランクリンの作品がありました。
アレサ・フランクリンはアメリカのソウル歌手です。
コロムビア・レコードからデビューの数年はあまりヒット曲に恵まれませんでした。
しかし1966年アトランティック・レコードに移籍後、変化が訪れます。アトランティックのプロデューサー、ジェリー・ウェクスラーは、アラバマ州のフェイム・スタジオで録音を試みます。フェイム・スタジオとは、アラバマ州マッスル・ショールズという所に、リック・ホールというプロデューサー、ディレクターが作ったスタジオです。
フェイム・スタジオには専属の白人スタジオ・ミュージシャンがいました。ここで作られた音は、非常に黒人ソウルっぽくできており、音だけを聞くとその演奏が白人であるとは思わないものです。スワンパーズと呼ばれるスタジオミュージシャンは、ギター:ジミー・ジョンソン、ベース:デヴィッド・フッド、キーボード:バリー・ベケット、ドラム:ロジャー・ホーキンス。その他に、オールマン・ブラザーズ・バンドのデュアン・オールマン、グレッグ・オールマンなど後に歌手・バンドなどで活躍する人が集まっていました。

この辺のドキュメントは映画『黄金のメロディ マッスル・ショールズ』に詳しいです。

黄金のメロディ マッスルショールズ|7月12日新宿シネマカリテほか全国順次公開予定
黄金のメロディ マッスルショールズ|7月12日新宿シネマカリテほか全国順次公開予定

このフェイム・スタジオでレコーディングをしたアレサ・フランクリンは、1967年アトランティック移籍第一弾シングル「貴方だけを愛して」を出してヒットさせます。ここからが、彼女の全盛期の始まりとなります。

今回買取させていただいたアルバム”Aretha Franklin”は1979年のベストアルバムです。「貴方だけを愛して」の他、「リスペクト」「小さな願い」「ナチュラル・ウーマン」などヒット曲満載です。

映画『ブルース・ブラザース』の中でアレサが「シンク」を歌う場面があるのですが、圧巻です。

Aretha Franklin – Think (feat. The Blues Brothers) – 1080p Full HD

アレサはカバー曲が多いという印象があります。

ジス・ガール

次のアルバム『ジス・ガール』の中には、ビートルズの曲2曲「レット・イット・ビー」「エリナー・リグビー」なども収められています。

ここには収録されていませんが、サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」も歌ってたりします。

フェイム・スタジオを作ったリック・ホールは2018年1月2日に亡くなりました。そしてアレサ・フランクリンは先週8月16日に亡くなっています。
レコードをお持ちの方は、偉大なる歌手をしのんで聴いてみてはいかがでしょうか。


電脳遊幻組は、レコードや音楽DVDなども買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム