東京都府中市より東芝ファミリーステレオ TAS-2800を買取させていただきました

オーディオ

東芝の真空管式一体型ステレオ。ラジオ、アンプ、レコードプレイヤー、スピーカーが家具のように作られた箱に収められています。

フォノ、ラジオMW(AM)、FM、FMステレオの切り替え

真ん中の上部にはラジオがあります。ラジオはAMとFMはモノラルとステレオの切り替えになっています。FMのステレオ放送は1963年からですので、この頃の製品かもしれません。この年代には、家の中で存在感を主張した家具調の大きなステレオセットが多く作られました。

レコードプレイヤー

レコードプレイヤー部分はターンテーブルのサイズは小さめで、30cmのLPをかけると端っこが裏に出るように、裏のキャビネットに切込みが入っています。

レコード針はSP盤の場合とEP盤LP盤の場合で切り替える方法になっています。

16、33、45、78回転

回転数は16、33、45、78回転と4つのスピードを切り替えられます。主に33回転はLP、45回転はEP、78回転はSP盤で使われますが、一番回転数の少ない16回転というレコードは見たことがありません。回転数を遅くすると同じサイズの盤に多くの曲が収められるのでそういった需要があったのでしょう。またソノシートや語りなどのものにも使用されていたようです。商業的にちゃんと使われていたのは、アメリカのSeeburgというジュークボックスの製造会社がオフィスやレストラン用のBGM用の機械で使われていたものでした。


電脳遊幻組は、レトロアナログオーディオを買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

アナログオーディオの買取価格表

買取価格表

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム