東京都調布市からレコードプレイヤーを買取させていただきました

オーディオ

レコードを買取させていただいた時に、コンパクトな形のテクニクスのレコードプレイヤー”SL-J2″もいっしょに買取させていただきました。

30cmLPレコードとほぼ同じ大きさのものです。高さもそれほどなく、スタイリッシュです。幅315mm×高さ88mm×奥行き315mmです。

レコードプレイヤーは、トーンアームという棒状のものの先に、レコード針がついていて読み取るという仕組みのため、どうしても幅、奥行き、高さに余裕が必要になるため大きくなります。

ですが、今回買取させていただいたものはいろいろな工夫がしてあり、コンパクトに仕上がっています。

まず、音を読み取るトーンアームがレコード溝に沿って平行に移動する仕組みのため、劇的にサイズが小さくなっています。この平行に移動するしくみをリニアトラッキング方式といいます。

通常のレコードプレイヤーは外周から内周へ向かって針が移動するだけで、1曲目から最後の曲まで一続きで再生しますが、このプレイヤーは光学的に音の溝の有り無しを判断し、CDのように2曲目を選択するという事がわりあいと簡単にできる仕組みになっています。

レコードの音声は生のままで収録されているわけではなく、ある決まった法則で変換されて収録されています。そのため、変換されている音を元の音に戻すためにフォノイコライザーという機械を通して変換する必要があります。フォノイコライザーはアンプに搭載されている事が多く、レコード入力はその専用の端子に繋ぐことが必要です。しかし、レコードからCDの時代になってフォノイコライザーを搭載したアンプは少なくなりました。ですので、現在はそのフォノイコライザーの部分をレコードプレイヤー側に持たせたものが増えてきました。

今回のレコードプレイヤーもそういったタイプで、赤白のRCAプラグをアンプに繋げれば音がでるようになっています。

テクニクスはヒップホップ系のDJがスクラッチをやる際に、ほぼ定番となったSL-1200という大ベストセラー機があります。SL-1200は世界中のアーチストに使われていて人気の機種でした。一時期生産をやめていましたが、最近またその生産を復活させました。

こちらのプレイヤーの型番にも頭に”SL”がついています。これはダイレクトドライブという方式で動かす機種につけられた型番です。SL-J2は小型ながらその性能は侮れないものを持っています。


電脳遊幻組は、アナログオーディオ機器を買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

レコードプレイヤーの買取価格

買取価格:レコードプレイヤー
オーディオテクニカ/デノン/ティアック/Technicsなどのアナログレコードプレイヤーの参考買取価格です。ここに掲載されていないものでもお問い合わせください。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム