【レコード販売】ブルーノート・レコード80周年

レコード販売
セロニアス・モンク / ジーニアス・オブ・モダン・ミュージックVol.1 - BLP1510

ジャズの名門レーベル「ブルーノート・レコード」がニューヨークで設立されたのは、1939年の事でした。今年はちょうど80周年になります。それを記念して『ブルーノート・レコード ジャズを超えて』という映画が今日2019年9月6日に公開されます。

ブルーノート映画『ブルーノート・レコード』 - 映画
9/2 劇場情報を更新しました!詳しくはこちら   ABOUT THE MOVIE マイルス・デイヴ …

ブルーノート・レコードを立ち上げたのはドイツ人難民でアメリカに移住したアルフレッド・ライオンとフランシス・ウルフでした。彼らの録音第一弾はブルースピアノのミード “ルクス” ルイスとアルバート・アモンズのブギウギピアノでした。1930年代はスイング・ジャズ、ビッグ・バンドの時代でした。ブギウギも乗りの良いダンス・ミュージックでしたので時代を反映した一枚となっています。

1940年代は決まった形のスイング・ジャズに飽き足らないミュージシャンが即興演奏を取り入れたビバップが流行ります。この辺りからブルーノートの本領発揮となります。この頃のブルーノートの1500番台は名盤の宝庫で、セロニアス・モンク、アート・ブレイキー、ソニー・クラーク、キャノンボール・アダレイ、マイルス・デイヴィス、ホレス・シルヴァー、クリフォード・ブラウン、ジョン・コルトレーン、ソニー・ロリンズなどなどのミュージシャンが並びます。

またブルーノート・レコードの特徴として、レコード・ジャケットのデザインのセンスの良さが挙げられます。フランシス・ウルフの写真とリード・マイルズのデザインの組み合わせは、ブルーノートのレコードの統一したデザインを感じさせつつ、アーチスト毎の音のイメージをデザインに反映させたものとなっていて、出色のもので、今でもこれを超えるデザインは出てきていないほどの完成度を誇っています。

そのブルーノートも1960年代後半~70年代は別会社に身売りされ、新作は出ない時期が続きますが、1984年に新社長の元また新作を出すような体制になっていきます。翌年復活イベント「ワン・ナイト・ウィズ・ブルーノート」というライブが開かれました。

One Night With Blue Note Volume 4 – BT85116

その後、アール・クルー、ノラ・ジョーンズなどのアーチストのレコードを発売していき、復活の道をたどります。現在は、1980年代にウォズ(ノット・ウォズ)で活躍したドン・ウォズが社長を務めています。

アールクルー / ハートストリング – GP3181

日本では、ブルーノートの人気は高く、本家が新作を出さない時期にも東芝EMI、キングが名盤シリーズとしてLPを何度か復刻しています。今回紹介したものもその時代のものですが、やはりデザイン的にも30cmのLPサイズで持っておきたいレーベルですね。


電脳遊幻組は、レコード、CD、音楽のDVDなども買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

レコードの販売はこちらでご案内しています。

レコードご購入手順
レコードの販売を始めました。 どれも1点ものです。盤のコンディションなどはお問い合わせください。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム