神奈川県大和市でオープンテープレコーダーを買取させていただきました

オーディオ

AKAIは赤井電機株式会社のブランド名です。テープレコーダーの高級機は海外での評価は高いものがありましたが、残念ながら2000年に倒産しています。

AKAI X-150D取扱説明書

そのAKAIが50年以上も前に発売したテープレコーダーがこのX-150Dです。1967年発売当時の値段で59,500円です。当時の大卒の初任給が23,000円くらいですから、月給2か月半くらいの感覚でしょうか。

木箱に入っていて、ズシリと重い鉄のかたまりです。

オープンテープレコーダーは左にテープを装着し、右側の方へ巻き取る構造になっています。真ん中にヘッドとよばれるものが付いていて、磁気テープに録音するというわけです。

今回買取させていただいた機種は4トラックステレオ方式です。

取り扱い説明書に解説図があります。

4トラックとはテープの縦幅を4つに分割しているという意味です。その4つのトラックのうち2トラックを使ってステレオ録音します。テープが全部右側に巻き取られたら、そのテープをはずして、裏返して左に装着し録音をします。残りの2トラックは、先ほど録音したところに重ならないような構造になっています。

モノラルで録音する場合は、CROSS FIELDと書いてある丸い装置を動かして4つのトラックに録音します。

テープの速度を「LOW←→HIGH」と切り替えるスイッチがついています。


またここのゴムのローラーのわきの棒にちょっと太いアダプタを付けると速度が早くなります。

4.75cm/s、9.5cm/s、19cm/sの切り替えが可能なわけです。速度が速いほうが音がいいわけですが、それだけ多くテープを使用するため録音時間が短くなります。テープはそれなりに高かったので、聞き終わると消去してまた新しく録音するのが普通でした。

録音されたテープがありましたので、再生してみましたが、ちゃんと再生されました。

もう一台はソニーのTC-222というポータブル型のテープレコーダーです。

AC電源の他に電池駆動も可能です。

左がACコード収納、右が乾電池ボックス

ステレオではなくモノラルです。

こちらにはスピーカーが内蔵されています。テープを再生しましたら、きれいな音がながれました。

今回の買取品は非常に状態がよく説明書もそろっていて、持ち主の方が大事に使われていた事がわかる品でした。


電脳遊幻組は、アナログオーディオ機器を買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

オープンテープレコーダーの買取価格はこちら

買取価格:オープンテープレコーダー
赤井電機/ソニーのオープンテープレコーダーの参考買取価格です。ここに掲載されていないものでもお問い合わせください。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム