東京都品川区より1920年代のアメリカのラジオ用スピーカーを買取させていただきました

オーディオ

このスピーカーを作ったGRIGSBY-GRUNOW-HINDS CO.は、1921年にアメリカのシカゴで設立されました。
1928年からラジオの制作が始まりました。その後の生産量は一日10,000個にもなったそうです。

GGH majestic GRIGSBY-GRUNOW-HINDS CO. chicago U.S.A.

ラジオは完全所有子会社「マジェスティックコーポレーション」によって運営されていて「マジェスティック」というのはブランド名です。

このホーンスピーカーはラジオの外部スピーカーとして使われたもののようです。ラジオ本体にはスピーカーが付いておらず、このスピーカーをつないで音を出す仕組みだったようです。

このトランペット型の土台となる部分に音声を振動させて音を出す仕組みがあって、それをこのトランペット型の部分で拡声するというわけです。

レバーを動かすとボリューム調整もできるようです。

端子部分です。縞模様が付いている方と付いていない方で極性があるようです。

残念ながら、対応のラジオがありませんので、音を出して確かめる事はできませんが、実際に音を聴いてみたいものです。

GRIGSBY-GRUNOW-HINDS CO.は、1929年に始まった世界大恐慌のなか1934年に倒産しています。


電脳遊幻組は、アンティーク、オーディオ機器も買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム