【買取情報】1960年代~2000年頃の車カタログとレース(東京都港区より)

書籍
ホンダ

先日の「【買取情報】トヨタ 2000GT カタログ」をご覧になったお客様より

【買取情報】トヨタ 2000GT カタログ
本日はトヨタ 2000GTのカタログをお譲りいただきました。こちらが初代型です。約30cm角サイズです。 写真集のような豪華な作りです。見開きの写真サイズに圧倒されます。 トヨタとヤマハの技術が詰め込まれた日本を代表するスポーツ・カー200...

1960年代~1990年代の車カタログを大量にお譲りいただきました。ありがとうございました。

その中に目をひいたものがいくつかあります。それは車自体の事ではなく、カタログに当時のレースの記録が残されていたからです。

まずはホンダのN360シリーズの総合カタログですが、なんと表紙がF1です。右下には「優勝 イタリアGPレース ホンダF-I」とステッカー風にデザインされています。

ホンダ

中のページはN360各シリーズなどのの紹介です。

ホンダ N360

N360は1967年3月に発売を開始し、すぐにベストセラーとなる人気車でした。このカタログのN360のキャッチコピーは「連続6ヵ月<軽乗用>のトップセラー」とあります。

ホンダは1964年にF1に初参戦して、翌年の第10戦メキシコGPでリッチー・ギンサーが初優勝します。そして1967年9月の第9戦イタリアグランプリでジョン・サーティースがホンダの2勝目をあげます。

1967年9月第9戦イタリアグランプリ

この14番号車はこの年のシーズン中に投入された新車でRA300です。写真横の説明文に「…F-Iレースは自動車レースの最高峰。ホンダにとっては車の性能・耐久力・安全性を追求する絶好のテスト場でもあります。もっとも過酷な条件でテストし尽くされた技術が、ホンダのすべての量産車に生かされています。」とあります。この精神は本田宗一郎の考えの基、長い間ホンダの基本的方針でした。

しかし、カタログの表記が「F-1」ではなく「F-I」と1がローマ数字というところがまだまだF-1が浸透していなかった、という事を表していて、時代を感じさせます。

次がマツダのルーチェのカタログです。

マツダ ルーチェ

1968年8月21日に西ドイツニュルブルクリンクでの84時間耐久レース「マラソン・デラ・ルート」にロータリーエンジンを搭載したコスモスポーツで参戦し、4位に入る快挙をあげました。

1968年8月21日西ドイツニュルブルクリンク84時間耐久レース「マラソン・デラ・ルート」

ここからマツダのロータリーエンジンとレースの歴史がは始まる事となります。

次がマツダ・ファミリア・プレスト1300クーペのカタログです。

マツダ・ファミリア・プレスト1300クーペ

こちらも裏面に1969年にスパ・フランコルシャン24時間レースにファミリア ロータリークーペが5位、6位と2台が入賞しました、とあります。

1969年 スパ・フランコルシャン24時間レース

その後マツダル・マン24時間レースへと参戦をするようになるのですが、この当時の貴重な資料ですね。


電脳遊幻組は、車雑誌やカタログ、プラモデルなども買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム