【買取情報】珍しいアナログカメラ(東京都渋谷区より)

買取情報

リコーオートハーフ

一般的なフィルムカメラはフィルムの画面サイズが横36mm×縦24mmですが、ハーフサイズとは、その半分のサイズ横18mm×縦24mmのものです。例えば24枚撮りのフィルムですと48枚取れるので、ちっとした旅行やスナップではこの気軽さが受けました。

このリコーオートハーフは1962年11月発売ですが、それより前にオリンパスがペンシリーズを出していて人気となっていました。
これはリコーオートハーフの初代機です。四角い形とズシリとした重さが心地よいです。この小さい躯体に収めるためにはいろいろな苦労があったようです。

サービス終了のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ
2019年3月31日をもちましてYahoo!ジオシティーズのサービス提供を終了いたしました。

MINOLTA AUTOPAK 450E

MINOLTA AUTOPAK 450E

ミノルタAUTOPAK 450Eです。こちらは110フィルムというカートリッジに入った専用の小型フィルムを使用して撮影するカメラです。横長でコンパクトデザインもスマートです。現在では専用フィルムの入手が困難で、実際に使うのはちょっと難しそうです。

KODAK DISC 6000

KODAK DISC 6000

KODAK DISC 6000

こちらは、1982年にコダックが発売を開始した円盤状のフィルムが回転するという機構が組み込まれたちょっと珍しいカメラです。前のミノルタの製品と同じく小型化という事で考えられた製品でした。私は初めてこの形状のものをみましたが、ディスクの組み込み箇所がMDか何かに似ているのでデジカメの一種かと思いました。こちらもフィルムの入手は困難です。

POLAROID LAND CAMERA Time-Zero OneStep

POLAROID LAND CAMERA Time-Zero OneStep

ポラロイドのインスタントカメラです。専用のフィルムを使って撮影後数分で撮った写真が見られるので、最近また人気がでています。撮影した後フィルムを取り出して振って現像を待ちます。このポラロイドの虹色のデザインがおしゃれですね。
SX-70フィルムという専用のフィルムはまだ入手できます。

今回のカメラの他に一眼レフカメラや、コンパクトカメラなどもありましたが、どれも大事に使われていた事がわかる保管状態でした。いろいろな出来事や家族の成長をみてきたカメラたちだったのでしょう。


電脳遊幻組は、こんなちょっとレアなフィルムカメラも買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム