【レコード販売】竹内まりやRCA時代のアルバム2枚

レコード販売
竹内 まりや / MISS M - RHL-8503

2018年11月にデビュー40周年を迎えた竹内まりや。RCA時代のレコードがリマスター盤として発売されています。現在デビューアルバム『BEGINNING』、2ndアルバム『UNIVERSITY STREET』、3rdアルバム『LOVE SONGS』まで発売されています。4thアルバム『MISS M』は2019年2月27日、5thアルバム『PORTRAIT』は2019年3月27日に発売予定です。電脳遊幻組で買取させていただいた中に『MISS M』と『PORTRAIT』がありましたのでこの機会にご紹介いたしましょう。

まずは1980年発売の4thアルバム『MISS M』。A面はロス・アンゼルス録音です。ギター:ジェイ・グレイドン、キーボード:デヴィッド・フォスターの2人は1980年当時はエアプレイというグループでアルバムを出していました。ドラム:ジェフ・ポーカロ、ベース:デヴィッド・ハンゲイト、ギター:スティーヴ・ルカサーはTOTOとして活躍していました。この2つのグループはそれぞれメンバーとの交流がありましたので息がぴったりですね。

B面は日本でのレコーディングです。ギターの鈴木茂や山下達郎、EPOなどがバックコーラスで参加しています。

そして、ジャケットのデザインは作家の橋本治です。Mの文字が入った毛糸のセーターですが、この編み物も橋本治の手作りです。

橋本治は1968年の東京大学駒場祭のポスターに「とめてくれるなおっかさん 背中のいちょうが泣いている 男東大どこへ行く」というキャッチコピーを書いた事から有名になっていきますが、デザイナー、作家の他に編み物にも才能を発揮していました。小説家としてのデビュー作『桃尻娘』は1978年発売ですから、このアルバムが出る2年前という事になります。残念なことに今年の1月末になくなってしまいました。

竹内まりや / PORTRAIT – RHL-8515

5thアルバム『PORTRAIT』は、1981年発売です。大貫妙子、山下達郎、伊藤銀次、松本隆などの作家の他自作の曲が増えています。このアルバムにはアン・ルイスがヒットさせた「リンダ」のセルフ・カバーが入っています。

これから発売されるリマスター盤とこれらのオリジナルのLPと音を聴きくらべてみるのもおもしろいかもしれません。

竹内まりや | ソニーミュージック オフィシャルサイト
ソニーミュージックによる竹内まりやの公式サイト。竹内まりやの最新情報 、試聴、動画、ライブ・イベント出演情報などを掲載。

電脳遊幻組は、レコードの販売を始めました。レコードリストやご注文方法はこちらにございます。

レコードご購入手順
レコードの販売を始めました。 どれも1点ものです。盤のコンディションなどはお問い合わせください。

電脳遊幻組は、ジャンルを問わずレコードを買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム