4極ミニプラグにはご注意ください[オーディオケーブル編]

ミニ知識
4極ミニプラグ

以前映像用の4極ミニプラグには3種あって互換性がないという記事を書きました。

4ピンミニプラグにはご注意ください[映像ケーブル編]
ゲーム機などやビデオ機器などを買い取った時、バラでケーブルも一緒に引き取りますが、本体と離れてしまっているとそのケーブルがどの機器とつなぐものかわからなくなる事があります。形状が同じだからといって違うケーブルをさしてしまうと、最悪ゲーム機器...

今回はスマホのヘッドホンで使われている4極ミニプラグの事を調べてみました。

4極ミニプラグ

先端が黒い部分で4つに分かれているのが4極ミニプラグです。
4極ミニプラグには2タイプあります。

1のパターン(CTIA規格といいます)

1のパターン(CTIA規格)

先端から
音声の左→ヘッドホン左
音声の右→ヘッドホン右
アース(これはケーブルの内部で使われています)
マイク(リモコンも兼ねている事もある)

2のパターン(OMTP規格といいます)

2のパターン(OMTP)

先端から
音声の左→ヘッドホン左
音声の右→ヘッドホン右
マイク(リモコンも兼ねている事もある)
アース(これはケーブルの内部で使われています)

マイク・アースの2か所が逆になっています。

現在iPhoneを中心としてCTIA規格のものが多く、OMTP規格のものは少なくなっていますが、Xperiaの旧型機やNOKIAなどの海外製品などにはOMTP規格のものがあります。またヘッドホンの側がCTIA規格かOMTP規格かという問題もあります。
iPhone用とかGalaxy用とか書かれたもので、機種に合致するものを買われるのが間違いないですが、よくわからないものを買って、マイクが使えないとか音が小さいなどの事があれば、それは故障しているのではなく、この規格にあっていないのだなと理解されるとよいと思います。

最近のスマホの本体側はほぼ4極ミニプラグ仕様になっていると言っていいでしょう。

3極ミニプラグ

では、スマホに3極ミニプラグを刺すとマイクとアースがショートして故障するかという疑問がわいてきますが、そういった使用方法は想定してあってショートしない仕組みになっているそうです。

逆に3極ミニプラグの機器に4極ミニプラグのイヤホンを刺すと、ガリガリと音がしたり、音が途切れたり、接触が悪い感じがして使用できない事が起きます。

このような症状が出る場合は、このあたりの事を考えて機器にあったものを購入するようにしまししょう。


電脳遊幻組は、オーディオ機器も買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム