4ピンミニプラグにはご注意ください[映像ケーブル編]

ミニ知識

ゲーム機などやビデオ機器などを買い取った時、バラでケーブルも一緒に引き取りますが、本体と離れてしまっているとそのケーブルがどの機器とつなぐものかわからなくなる事があります。形状が同じだからといって違うケーブルをさしてしまうと、最悪ゲーム機器などを壊してしまう恐れがあるので、取り扱いに注意です。
今回はこのような一方が4極ミニプラグでもう一方がオーディオステレオ(赤白)と映像端子(黄)のものをとりあげてみました。

写真のミニプラグの形状をよくご覧ください。

 

4極ミニプラグ

先端が黒い部分を境に4つに分かれています。

この4つの部分の出力先がケーブルによってまちまちであることがあります。

パターン1

  1. 音声の左→白いケーブルへ
  2. 映像→黄色いケーブルへ
  3. アース(これはケーブルの内部で使われています。赤白黄端子の外側部分です。)
  4. 音声の右→赤いケーブルへ

パターン2 OMTP規格

  1. 音声の左→白いケーブルへ
  2. 音声の右→赤いケーブルへ
  3. 映像→黄色いケーブルへ
  4. アース(これはケーブルの内部で使われています。赤白黄端子の外側部分です。)

パターン3 CTIA規格

  1. 音声の左→白いケーブルへ
  2. 音声の右→赤いケーブルへ
  3. アース(これはケーブルの内部で使われています。赤白黄端子の外側部分です。)
  4. 映像→黄色いケーブルへ

ゲーム機や家庭用ビデオカメラ、車載用のカメラなどでこの端子は使われていますが、外見だけではどのタイプのケーブルかわかりません。

実際に社内にあった3本のケーブルの配線をテストしてみました。

パターン1

 

パターン2

 

こちらはOMTP規格ですね。

たまたま社内にあったものは、パターン1のものが2本、パターン2のものが一本でした。この場合アースの位置が違うので互換性はありません。パターン3CTIA規格はみあたりませんでした。

このように形状だけでは判断がつきませんので、ご自分のお持ちの機器のメーカーの仕様とケーブルの仕様を合わせなければいけないわけです。機器に詳しい方でも外見ではこの違いを判断できませんので、注意が必要です。

この形状の4極ミニプラグはスマートフォンのイヤホンジャックにも使われています。そちらも機種によって同じような違いがあります。次回はそのステレオオーディオとマイクタイプの4極ミニプラグを検証してみましょう。


電脳遊幻組は、ゲーム機器はもちろん映像機器も買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム