神奈川県川崎市でいろいろな「外部記憶装置」を買取させていただきました

買取情報
NEC PC-8881

かつてパソコンのデータを保存するためにフロッピーディスクというものを使用していました。フロッピーディスクなんて見たことも聞いたこともない、という方も多いでしょうが、いろいろな種類が使われていました。フロッピーディスクは磁気を塗布したプラスチックの円盤型のものです。

NEC PC-8881

こちらは、NECがPC-8801に使用できるように発売した8インチのフロッピィディスクユニットです。最近ではタブレット、スマホ画面のサイズなどでインチという言葉が使われていますね。だいたい20cmちょっとです。発売はおそらく30年くらい前、価格は442,000円でした。収納できるデータサイズは128KBでした。128KBってどのくらかと言うとスマホで撮った写真1枚も収められないくらいのサイズです。

NEC PC-FD512

そしてこちらがNEC 5インチFDダブルドライブです。サイズが5.25インチと小さくなりました。スマホの5インチサイズが目安でだいたい13cmくらいです。発売はおそらく1990年頃です。ディスクが2枚使えるようになっていて、記憶容量も1.2MBと10倍になりました。

LOGITEC LFD-392N

次はLOGITECの3.5インチFDダブルドライブです。この3.5インチが一番長くつかわれていた規格です。2000年くらいまでのパソコンはこの3.5インチフロッピーが必ずついていました。この写真のドライブは、2DDと2HDの切り替えのスイッチがついています。2DDは720KB、2HDは1.44MBという違いがあってこれをスイッチで切り替えるようになっています。

ICM MO4120

フロッピー以外の外部記憶装置ですとMOというものがありました。フロッピーはプラスチックのペラペラの素材でしたが、MOはきらきらした固い素材でしっかりとしたプラスチックケースに収められていました。記憶容量はいろいろなものが発売されましたが、128MB、230MB、640MBといったものが一般的でした。

IOMEGA Jaz

その他Macintoshユーザーだと記憶にあるのが、アメリカのアイオメガ社が独自開発したJazドライブというのがありました。フロッピーやMOよりも読み書きが高速で1GBの容量まで記録できました。アイオメガ社はこれより前にZipドライブというのを発売してました。100MB、250MB、750MBのディスクがありました。Macintoshユーザーはこのドライブがちょっとかっこいいのであこがれたものです。しかし、他に持っている人はすくないので、データのやり取りには使えないという非常にニッチな商品でした。

SANYO データレコーダー MR-33DR

その他にカセットテープに記録するという方法もありました。最近では音楽をカセットテープに録音して聞くなんていうことが復活してはやっているようですが、カセットテープにデータを記録するという方法もあったのです。こちらがSANYO データレコーダー MR-33DRです。主にマイコン用で使われていたようです。テープに記録というとなにか不思議な感じがしますが、一時期は会社のデータシステムはテープバックアップという方法がとられていましたので、案外信頼性のある方法なのかもしれません。


電脳遊幻組は、パソコンやパソコン周辺機器も買取しています。こんなの売れるかなと迷ったら電脳遊幻組にご相談下さい。無料でお見積り査定も行っています。出張買取、宅配買取、持ち込み買取などお客様のご都合にあわせ買取をいたします。

宅配買取・出張買取・持ち込み買取など「買取の手順」はこちらに詳しくご説明してあります。

買取の流れ
電脳遊幻組の商品買取サービスについてご説明します。 送料無料の「宅配買取」ご自宅/現地までお伺いする「出張買取」弊社までお持ち込みいただければ、その場で査定/お支払いの「持ち込み買取」以上3つの買取サービスをご利用いただけます。詳しくはこちらのページでご説明しております。

お問い合わせは
フリーダイヤル☎0120-38-1070
又は下のボタンからメールにてお問い合わせください。
メールフォーム